身近に潜んでいるニキビの原因3選

普段から肌を清潔に保っているはずなのに、いつの間にかニキビが出来ていた。ということはありませんか?

もしかしたら身近なものが原因かもしれません。

 

1.寝具でニキビが出来る

寝具は、夏の暑い時期は皮脂や汗が付着しやすく気付かない間にニキビが出来やすい環境が出来てしまっているケースが多々あります。

とくに顔との距離が近い枕カバーや夏用の掛け布団、タオルケットなどは汚れやすいのでこまめに洗うことをおすすめします。

 

寝具を清潔に保つことで、ニキビが出来る確率がぐんと下がります。

寒い季節でも同じで、ときどき布団を外に干してホコリを取り払うだけでもニキビが出来にくくなります。

 

2.ソファとそのクッションでうたた寝

ソファやソファに寝そべってクッションを持って寝てしまったりする場合も同様で、ソファにもホコリや皮脂などがくっついているため顔がクッションやソファに近いとニキビが出来ることがあります。

 

クッションカバーは洗えますが、洗えないタイプのクッションの場合ホコリが積もっていることがあります。

 

3.前髪

前髪を下ろしていると、前髪についた皮脂が額に長時間当たりニキビが出来ることがあります。

なので、ニキビが出来ないように家にいるときは前髪をあげて過ごしているという人も多くみられます。前髪を全部上げているだけでも額にホコリが付きにくくなります。

額にニキビがよく出来てしまうことでお悩みの方、もしかしたら前髪をずっと下ろしてませんか?