ニキビの予防法

ニキビの予防に大切なことは、肌を清潔に保つことと、きちんと肌に水分補給をすることです。

まず、肌を清潔に保つためには、きちんと洗顔を行うことが重要です。

洗顔のポイントは、きちんと洗顔料をしっかり泡立てて、手のひらと顔の間にクッションのように泡を当てて優しく洗うことです。

その後は、しっかり流水で洗い流して、清潔なタオルで優しく水分を拭き取ります。この時、ゴシゴシこすらないように気をつけましょう。

 

次に、ニキビができるからと化粧水や乳液を省いてしまいがちですが、それは間違いです。

水分補給をしっかりしないと、肌が乾燥しないようにと過度に皮脂を出してしまいます。

皮脂は肌を守るためには大切なものですが、その過剰な皮脂がニキビの原因になるのです。

水分と油分のバランスを保つことが、健やかな肌を保つためにはかかせません。

そのためにも、洗顔後は、すぐに清潔な手のひらでしっかりと化粧水で肌に水分をあたえましょう。

その後に、オイルフリーの乳液を丁寧に馴染ませ、手のひらでハンドプレスを行いながら、肌の奥まで潤いを浸透させましょう。

肌のお手入れは、これで完了です。

 

ニキビを予防するためには、枕カバーは毎日替えて清潔なものをつかいましょう。

また、頬杖をつく癖がある人はやめるようにしましょう。

手のひらの汚れが顔の皮膚についてしまいます。

また、なるべく顔には触らないようにしましょう。

そして、栄養と睡眠時間をしっかり取るようにすることも忘れてはなりません。